安い!安心!徹底車検比較

HOME > おすすめ車検情報 > 車検の必要書類

車検の必要書類

 自動車を所有し乗り続けるためには維持費は欠かせないものとなり、その中でもまとまった出費まで避けることができないのが車検です。車検を受けるとなれば金銭面にばかり意識がいってしまいがちではないでしょうか。しかし車検を受ける際には、必要書類があるということも頭に置いておかなくてはなりません。必要書類は、業者に依頼するのかユーザー車検で自分で行うのかによって異なってきます。ユーザー車検となれば費用は最低限で抑えることができますが、手間もかかり知識も必要となるので業者に依頼する人が多いのは当然のことではないでしょうか。ガソリンスタンドやディーラー、車検専門業者など様々な依頼先がありますが、その場合には車検証と自動車損害賠償責任保険証明書、自動車納税証明書が必要となります。

 自動車税納税証明書は、自動車税を滞納しておらず自動車税を納付してから、三週間経過している場合には不要となります。業者によって違いもありますが、車検証記載の印鑑が必要となるケースも多いので忘れないようにしておきましょう。ユーザー車検となれば、さらに必要となる書類は増えてしまい、全て自分で準備しなくてはならないので手間がかかると感じる際には、業者に依頼しておくべきと言えます。業者に依頼する場合に、車検証は自動車に積んでいるので問題はありませんが、そのほかの書類に関しては取りに行かなくてはならないので、営業している日時にも気をつけておきましょう。必要書類がないと車検を受けることができないので、早めに準備しておくことが車検をスムーズに進めるためのポイントです。

 車検を受けることができる業者は数多く存在していますが、それぞれに必要となるトータル費用には必ず違いがあります。必要書類は業者で教えてもらうことができるので問題はありませんが、丁寧で信頼できる業者に依頼しておくようにしましょう。車検を受けることができる期間は決まっており、それを超えてしまわないようにする必要があります。あまり早い段階で必要書類を集めても、無くしてしまう恐れもあるので業者に持って行く少し前に準備しておくようにしましょう。車検を受けるためには、予約が必要となるケースが大半ですが、予約をした日に必要書類を忘れてしまうと、後日再び車検を受けに行かなければならなくなり、二度手間になるだけではなく車検の期限が過ぎてしまうこともあるので、準備はしっかりしましょう。

次の記事へ
ページトップへ